Fの日記

己を知るのは難しい!

IMG_0417

うわっ、凛々しくなったね、パンちゃん!

って感じでしょ?

パンちゃんは女の子なのですよ。

 

ルルベくんは毎回、自分が先にカットしてきても

パンちゃんに文句言うんですよ。

「お前は誰だ?」って。

 

いや、お前こそ誰なんだ?

って聴き返したいよね、パンちゃん。

でも成長しましたよ、

確かに機嫌は悪かったものの、

すぐにパンシェだと判別し、

ペロペロと彼女をなめていましたもの。

 

しかし、『ワタシは一体何者だ?』

と問いかけながら生きていくのが人生かもしれません。

だからと言って、ずっと同じレベルの問いかけでは

つまらない。

 

ワタシの奥を掘り出して、

結構いいヤツではないか、ワタシって。

と知っていく。

そんな深みのある生き方も、いいんじゃない?

 

浅い部分での楽しみも、勿論オッケー。

でもそれだけじゃ、自分への満足感が足りてないかも。

本当に『これでオッケー!』と言えたなら・・・

 

全てのことが許せる?

自分を知る第一歩、踏み出してみましょう。

さて明日からは、そんなお話を書いてみたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.10.10

野球部員2名(匹)入部しました

IMG_0413

あーあ、ちょっとやる気のない”野球部員”ですが

「ぼくルルベです。

野球部に入りましてん。

しんどいことはしません。お気楽部員です。」

ごろーん!

 

連休初日に先陣切って、お風呂に入って来ました

ルルベくんです。

が、些かご機嫌斜めってます。

ぶーこら、ぶーこらと文句言って

ふて寝してました。

 

だから”歯磨き”はしなかったそうです。

まあ、よい!

合格です。

 

だって、今回初めて

パンちゃんに「お前は誰だ?」って言わなくて

すぐにパンちゃんとわかったみたいですもの。

パンちゃんは、1日遅れで入部したのです。

明日は、男の子みたいになったパンシェさんをご披露しますね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.10.09

タロットカードの隠者

『カラダの声を聴く』コツは、

そう『タロットカード』に出てくる『隠者』

のようであれば良いのではないでしょうか?

 

情報は入れ過ぎず、断ち過ぎず。

受け入れるのに、無駄に影響されない。

無論、良い影響はウエルカムですけど。

 

『限度枠を知る』ことが最重要だと思います。

それは、全く断つことではない!

そこが難しいものです。

 

でもこれができ始めた時、

色々な部位と魂が、繋がりだすように感じます

 

隠者さん、ほら足もとをカンテラ(懐中電灯)で

照らしているでしょ?

足もとを見ることは大切です。

足もとを整理することも。

何かの参考にしてください。

 

IMG_0405

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.10.05

カラダの声を聴く

ヨガを始めて10年。

ようやく『カラダの声を聴く』ということが

どういうことなのか、解かってきたように思えます。

じわじわと、だけどはっきりと。

 

『自分の道に入る』

ワタシだから歩ける独自路線を見つけるために

カラダは全身全霊を使って、知らせてきます。

カラダを震わせて、時には痛みや病でもって。

 

けれども本人は、聴こえない振りをするのです。

ダメッ、ワタシは外からの情報を得るために忙しいの。

しゃべらないで! 今は聴こえないからね。

 

何故でしょう?

その理由を知った人から、自由になっていくでしょう。

先ずは容れ物を綺麗に。

はい、キッチンの引き出し、配置を替えてみました。

 

IMG_0373

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.10.04

アロマポット要りません?

IMG_0367

先日キッチンを整理して使い易くしました。

猫さんが家に来てからというもの、

香のものを使わなくなりました。

パンちゃんはそうでもないのですが、

ルル坊が香のするものを嫌うのです。

 

アロマポットも上の方に上げてしまいました。

出してくるとまだ綺麗で、

廃棄するには勿体ない感じなのです。

使われる方に差し上げますよ。

早い者勝ちでいきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.10.03

//トラッキングコード取得