Fの日記

白いコスモス、見っけ!

ジャ~ン、12月になりましたね。

空気が一段と冷たくなり、頬に当たる風がピリッとしています。

季節感を5感で受けとる瞬間が とても好きです。

金木犀の匂いであったり、耳から入る鳥や虫の声であったり・・・

肌に当たる風の感触であったり・・・です。

 

散歩で歩く道沿いで、気に入ってる木が何本かあります。

いつも心で話しかけているのです。

その木の装いが、毎日違います。

面白いなと思うのは、心なしか寂しそうに見える時があります。

でも、よーく考えると 私の心の状態なんだ と解ります。

心が変わると、木の表情も変わります。

みんな、自分の写しなんですね。

 

近頃 カメラ (写真) に興味がでてきました。

父がカメ吉だった訳が解ります。 父を理解するには、良かったかも・・・。

本当にマッキー (ピングー好きの真木ちゃん) のお陰です。

 

「ふーみんねぇ、写真を添付してごらんよ。字づらがダラダラと並ぶより、絶対にいいから。」

「ええっー? ダメダメ、おっちゃんいなくなるんだから。ひとりでアップできないし。」

「大丈夫だよ、お茶の名前、あんなに上手に付けれるんだから、ふーみんなら きっとできるよ。」

そう励まされて・・・ それに加勢すること何人か・・・

 

あのマッキーの真剣な目が脳裏に。 でも、そう、私にはカメ吉さんの血が流れてる。

できるかもしれない!

偉大なマッキーにほざされて、ついに 誕生日にデジカメ 買いに行ったがな。

ほんまに、できんのかぁ~?

 

おそる、おそるシャッター押すFのちゃん。

最初は まだまだヘタクソで、ぶれたり ぼけたり 何枚も。

 

でも 今ははっきり分かります。

デジカメを通して見える世界は、私の心の世界だと・・・

カメラって、おもしろい!

 

白いコスモス・・・清楚・純白 という文字が浮かびます。

 

DSC00277.jpg

 

 

2013.12.01

大阪の冬景色 (by Ryo)

ひと月ほど前に撮った写真と、ほぼ同じ場所から「大阪城」と

「大阪帝国ホテル」を撮ってみました。

紅葉はほとんど落ち葉になって、すっかり冬景色です。

気温が低いと「大阪城」がくっきりと見えるような気がします。

(でも、写真にするとそれほどでもないね・・・。)

 

P1010597.jpg

 

P1010598.jpg

水面に映る景色もなかなかいい感じ・・・・・・・。

2013.12.01

緩みっぱ・・・のFのちゃん

そーいえば、おっちゃんの転勤が決まってからというもの、ずっと風邪をひいている私

滅多に風邪ひかなかったのに・・・

漆喰の壁にしてから、余計そうだったのに・・・

治っても 治っても また喉が痛くなって、くしゅくしゅしている。

これも自分の選択なのだから、そろそろ風邪の意味を考えてみるか・・・と思い

ヨガの後、そんな話を出しました。

 

Fの「緩みすぎかなぁ 私。」

すると すかさずきみちゃんが、「そーだよ、私なんて 何時までにあれをして、これ片付けて・・・

何時には家を出て・・・ いつも締め切りに追われた生活してんの。今の史乃ちゃん、全くないでしょ?」

確かに!

 

時間に追われた生活か・・・ かつては 私もそうだったな。

思い返せば私は、結婚するまで 気まま放題に暮らしてきました。

だから、家族に合わせて動かなければいけない いささかの窮屈さを感じていたのかも。

それも この風邪をひくことで分かった事実です。

 

とすると、考察その1・・・ヨガでやっているように、緊張・緩和を繰り返しながら

その窮屈さを解放できるかもしれない・・・ふと思いました。

よし、来週からのヒプノタイムに取り入れてみよう。 ふむふむ

 

人間は、0か100か 白か黒か になりがちですが、その中間の曖昧な数であったり、曖昧な色であったり。

そんな選択もなきにしもあらず・・・ですよね。

いつものことながら、その日のメンバーのもたらせてくれる効果は大きい!

ありがとう。

 

何気に咲いている 道端の花をカメラに収めるのが趣味になりました。

花が語りかけてるように思えます。

 

DSC00279.jpg

 

2013.11.30

心地の良い・・・と感じるシステム

居心地の良い場所、そうでない場所は、単にその時の自分の心理状態がピタっとはまる場所

なのでしょうが、今日お話するのは、人間関係にまつわることです。

何人か人が集まる場所に入り、違和感を感じる時と 心地良いと感じる時があります。

このシステムってどうなってんだろう?

心の中で何が起こってるんだ?

 

私はいつも、ギモンを持つと とことん探ってみたくなります。

心と体が 何にどう反応しているのか。

 

その研究の成果を発表します。

が、いつも申しますように これは私流のひとつの見方です。

そうゆー見方もありか・・・位に聞き流して下さって結構ですからね。

 

人間の体は、素晴らしいシステムを備えています。感心するほどに・・・。

”自己制御装置” 名付けて 『セルフ・コントローラー』 とでも言いましょうか。

 

人は、自身の発展・躍進に必要とする場所と人を嗅ぎ分けて近づきます。

その第6感たるやすごくって、 自然な流れでご縁が繋がります。

例えば ”こうなりたい・・・が、何かが邪魔している”としたら、

その部分を切り崩せる場所と人が 選ばれる訳です。

 

人は自分の内部を変える時、必ず人によって影響を受け 質と質が混じり合い、

または溶け合って変容を促します。

独り” では変化できません。

いくら本を読んで 理屈を理解しているようでも決して、変容は起こりません。

「頭では解っているんだけど、なかなかねぇ・・・」 という時が、それです。

 

頭ではそうなりたい・・・と思っても そうなれば困るので、『セルフ・コントローラー』はこんな風に働きます。

変わりたくない人が集まる場所 へ繋ぎます。

そして そこが心地良いと感じるのです。

変わりたい人の集まる場所に入ると、なんとなくそわそわして 落ち着きません。

 

ですが、心の底から ”私、変わりたい” と望んだとき、それが見事に逆になります。

今まで心地良いと感じていたはずの場所と仲間が、なんとなく ちぐはぐになります。

でも 人間は根っからの淋しがりなので ”人と仲良くやらないと” と自分にウソをつき、

ムリをしてでも人に歩調を合わせて歩こうとします。

そして 段々と腰が痛くなります。

 

そんな時は、違和感を感じた集団から少し離れて、ひとりになって過ごす時間を持つと良いと思います。

古い物を新しくする。 お部屋を片付けたりして。

すると、力を蓄えた 『セルフ・コントローラー』 は、変わりたい人モデルを見事に探し、繋いでくれます。

そして 自信を持って何かを削ぎ落とし、そこに人と溶け合った内容が入ります。

人間関係には 愛がいっぱいつまっていますので、よりパワーアップをするのです。

すてき!

 

おっとりチームのお昼ね・あったかぁ~ (みるく) ・せまっ (ルルベ)

DSC00175.jpg

2013.11.29

不運・・・の中に置いてきた幸せ

3歳~5歳頃のわたしを思い出した人の中には、あまり恵まれた環境下になかった方も多いと思います。

本来なら幸せな時を過ごすはずの時間を、ある事件から、または両親の離婚から、などです。

でも大丈夫。どんな劣悪な環境も、過酷な運命も、全ては幸せの中にあるのです。

大きな運命の歯車の中にあり、中心で廻している人の廻し方如何で、

ガラリと進行が変わってきますから。

そして立ち向かえるようになったら、過酷だった時間をゆっくりと眺めてみましょう。

どこかにきっと、幸せのパスポートを置いてきているはずです。

取り戻しにいきましょうよ。

 

えっ? どこにあるかって? フフフ 安心して下さい。

みんな等しく持っているもの。

落ち着いて、よーく事実を見ていくうちに 必ず見つけることができますよ。

 

ヒプノヨガが身についてくると、ケラケラ笑っていても、ポーズに入る前にすーっと意識が薄くなり、

無意識状態に入れます。 (ヒプノ状態)

とたん その人をとりまく空気が変わり、神聖なオーラが醸し出されます。

何回かの訓練で、すぐにできるようになります。

周りに熟練者がいると、影響を受け早いです。

普段の生活でも 集中力が増し、余計な事をあまりしなくなります。

 

すると、自分の中で今まで曖昧にしていた部分にスポットが当たり、

そろそろ解決に向かってもいいかな・・・という気持ちになります。

これは、ゆっくり呼吸するだけでもできます。 但し、気長に続ける事。

是非、やってみて下さい。

そして、不運の中に置き去りにした幸せ・・・勇気を出して見つけてみましょうね。

 

明日は看板犬・ちび太くんの命日です。

 

DSC00249.jpg

 

 

 

 

 

2013.11.28

//トラッキングコード取得