Fの日記

『死ぬ』=『生きる』

いかに『死ぬ』か・・・を慮ることは、いかに『生きる』かを真剣に考えることやと思います。

今日のアフタヌーンヨガで、”死ぬ”というテーマが出てきました。

そこで「ちょっと待ってて。」とふーみん、谷利のばあちゃんが書いてくれた封筒を出してきました。

そこには”死ぬ時のお願い”が書かれているのですが、ばちゃんの”人柄と生き方”の明記のように思えます。

何かの参考になるかと思い、読み上げました。

 

できる限り自然な状況で最期を迎えたいので、生き長らえる治療は一切なしにしてほしい。

チューブでの食事、点滴等。 というようなことが3つほど書かれ、最後に、

通夜・・・看病、その他のことで疲れていると思うので、全員美味しいものを食べて

ゆっくり眠り 翌日からのスケジュールのために備えること。

全て簡素に。忙しい人は親族であってもムリに列席しなくてよろしい。

 

『人は法 (ダルマ) に縛られるが、法を生きようとはしない』 という文が頭をよぎります。

ばあちゃんの生き方 (死に方) はその反対で、法に縛られていない、むしろ無視して

法をしっかりと生きています。

 

「私もね、どこかでぽっくりと死んでもうたら、別にやさがしして捜さんでええよ・・・と思うわ。

大切なのはガワやなくて、中身やから。自衛隊よんで捜すことなかれや。

その地方のカラスさんなり、サメ (海なら) さんに身を捧げるわ。誰かの役に立つことに変わりないねんし。」

みたいなこと言いましてん。

お茶すすりながら みんなふむふむ聞いてたわ。

 

久しぶりに来た広美ちゃん、「さあ、あさっては筋肉痛との格闘や。」と言いながら帰りました。

明日やないんや” 確かにふーみん、新人には優しいが 経験者には容赦ないもんな!

お大事に・・・

 

ようのばして、よう笑ろて、よう飲んだ。

明日は よーう出してや! たのむデェ~

 

ヨガのお知らせ・・・24日(金) と31日(金) も定員満 になりました。

月曜日も満です。

ご予約はお早めに・・・

DSC00359.jpg

 

2014.01.20

55歳万歳! (東京ってこんなに狭かったっけ?)

DSC00388.jpg

今日は富士山がきれいに見えましたね。

たまプラーザの街からも、エッ?ここは静岡県? と思うほど大きく、くっきりと見えました。

雄大で、優しく、だけどちょっぴり厳格。厳しさと優しさの両方を併せ持つ、私にとってそんな存在です。

きっと この2つは一緒なのでしょう。

 

さて今日は、大阪・千里中央の音楽教室で講師をしていた時の仲間が集まりました。

珍しく わたくし・ふーみん (左) が幹事です。

面白いことがありました。 表参道の小さなお店に みんなを案内していきました。

そしたら、とし子(真ん中・黄色) のお嬢さん・りさちゃんとバッタリ!

東京って、そんなに狭かった? と口々に。

 

みーこ(中・黒) と、とし子は、いまだ現役。 ピアノと声楽、リトミックなどを教えています。

良恵ちゃん (右) は、アルゼンチンタンゴを習い、ピンヒールで気持ち良いほど上手に踊りまくっています。

みんな今年で55歳。 大きくなりました。 まだまだ青春続きます。

 

〈ヨガの予定と連絡〉

2月の休日コースは、3回、みんな土曜日です。

1日・15日・22日 14時30分より

 

ほぐしサービスのご案内・・・チケットを1ヶ月以内に使い終わったら、25分のほぐしサービスが受けられます。

チケットもう1コマ使って、50分にし、ボディーカウンセリングを受けられること、

おススメです。

2014.01.19

敬語は抜いて!

もう1回貴子ちゃんにご登場願いましょう。

(もう、ホンマに出演料はらわなアカンなぁ、貴ちゃん。

今度、とびきりおいしいお茶入れるし、それで勘弁してぇ!)

 

もうすっかり この空間になじんでいる貴子ちゃんですが、

後から入って来たという遠慮からか なかなか敬語が抜けません

「貴子ちゃん、力抜いて。」 の次は、「貴子ちゃん、敬語抜いて。」と言われます。

「はい、すみません。」 「すみませんは 要らないよ。だって何も悪いことしてないんだから。」

もう、ふみのちゃん、うるさいね。 ごめんね、貴子ちゃん。

 

では、何故これほど私が敬語にこだわるかを 今日のテーマにしてみます。

日本人は、先輩・後輩など順列をとても大切にします。

そして、そのシステムこそ秩序だと教え込まれますが、はたしてそうでしょうか?

オープンに意見できる環境はつくりにくいでしょう。

上に立つ ある1部の人の意見だけで進んでいく、創造的とは言いがたい集団になりがちです。

若い人の意見が採用される会社は 上を向いていますが、そうじゃない会社は これから伸びるでしょうか。

 

今までは、つつましやかに・・・をモットに育ってきましたが、よりオープンに心を開いていかなければ、

地球上の人みんなで手をつないぎ、心を合わせて地球を守っていかなければ

間に合わないのではないでしょうか。

人に気ばかり遣って 疲れている場合じゃないのです。

それぞれがちゃんと、自分の いや自分だからこそできる

もっというならば、自分しかできない役割を果たして生きていかなければ 勿体ないのではないでしょうか。

 

昨日来た人も、今日出逢った人も みんな同じ土壌にいるという認識こそが大切なのです。

その日のヨガメンバー全てに同じ価値を認めた時、自分の中の罪悪感は消えるのです。

”今を生きる”ことに、罪悪感は不要です。

 

ステップ バイ ステップ・・・一歩一歩練習していきましょう。

自分の全てを認めて生きていく・・・

DSC00204.jpg

 

 

2014.01.18

ステップ バイ ステップ

1月から”スタジオFの”に通いだした貴子ちゃんは、笑顔のかわいい素敵な女性。

もう3回もヨガってます。 すごい!

だけど まだ力の抜き方がわかりません。

「貴子ちゃん、足の力、抜いて!」 「え?入ってるんですかね?」

そうなんです。最初は入っていることに、気付かないのです。

でも、今日は入っていることを知った、それだけでOkです。

 

力の抜き方は、力が入っていることを意識する。 最初の第一歩。

でも この一歩こそが、すごーく大切なんですよ。

バカにしちゃいけません、この一歩を・・・。

 

ステップ バイ ステップ・・・・少しずつ

この歩調こそが、後に大きな足跡を作るのです。

意識をするということは、認めるということです。

そして、完全に”明け渡す” ということに繋がります。

 

ところがここを通貨すると、一気に成果を出し とんとんと進歩していきます。

不思議なほどに・・・

自分を認めることって、こんなにも難しいことなのだ とわかるでしょう。

おまけもありますよ。 追い風が吹くように、周りが動き出し始めるのです。

 

日常の忙しさに追われ、自分を省みる時間はどこかへ押しやられがちですが、

気長に続けてみましょう、この練習を。

ヨガは、自分と向き合うのに 最適です。

DSC00205.jpg

 

 

2014.01.17

フルムーンパワーと木漏れ日

寒い日が続きますね。

私の住む横浜青葉区も 今日はお日様が顔を出しましたが、

底冷えが続き 犬の散歩でいくら歩いても足先が温まりません。

でも 大阪や茨城から帰ってきたおっちゃんや兄ちゃんは、

「横浜あたたけぇ~」と言って、目を細めます。

”え? どんだけェ~”と思ってしまいます。

 

今日は満月だからでしょうか、少し頭が重く感じます。

こんな日は降り注ぐエネルギーがすごくって、頭を押さえられている感じがするのです。

特に今日のエネルギーはすごいみたい。

私の古い観念が、入ってくるのを抵抗しているのではないかと思います。

こんな日はいつも 柔らかな日差しの中で、思考をほどく作業をします。

 

今日は木漏れ日の中で、がっちりと固められた思考を解放してみました。

ヨガの中でも 時折入れる瞑想法です。

実際に出向けない時は、好きな場所をイメージし、ひとつ自然物を思い浮かべます。

その自然物の中に入っていく、限りなくひとつになるイメージをもちます。

自然物と自分のエネルギーが調和した時、エゴ (我) がひとつ消えます。

頭痛には効果ありですよ。 やってみて下さい。

 

降り注ぐエネルギーの抵抗は 勿体ないですものね。

そして帰ってきて、シンゴンの床でゴロンと寝そべり ヨガをしました。

ルルベくんが どーんと胸に乗っていましたが・・・。

すっかり元気になりましたよ。

フルムーンと木漏れ日に感謝!

またひとつ エゴが消えたようです。 ありがとう。

DSC00361.jpg

2014.01.16

//トラッキングコード取得