Fの日記

バニラ隊長!

そうなのです。9月末付けで、我らが隊長、おっちゃんこと 亮くんは大阪勤務となったのです。

昨日のブログでいきなり登場して、ふーみんを驚かせました。

私があまりにもパソコン音痴なので、おっちゃんがいなくなってから、動物達は心配そうです。

ブログを開始すると、パソコン部屋に全員集合。終わるまで動きません。

 

そして、ハタと気がついたのです。

私がベッドに入ると、それぞれお気に入りの場所に行くのですが、

バニラだけは、タッーと1階に駆け下り、朝まで大抵キッチンにいます。

あれっ?

でも おっちゃんや兄ちゃんが帰ってくると、いつものように2階で みんなと一緒に寝ています。

 

「バニラ、父さんのいない間 おうち守ってくれているんだ。ありがとう。」と言うと、

じっと顔を見て、私の肩に手をかけ

『父さん帰ってくるまで 頑張ろうぜ』という顔をしました。

バニラが隊長! 任命しました。

 

9年前、みるくは仔犬を7匹産みました。一番最初に出てきたのがバニラです。

チビでやせっぽち。他の子は立派に育っていくのに、ウンチは食べるし、

トイレトレーニングも一番不でき。

この子は外に出せない。 うちがもらうか・・・

かわいがってはいたのですが、犬として デキの悪さは格別で、なんとも言いようがありません。

 

ある時、私はこの子を ちゃんと見てないかも・・・

大型犬はこうだろ・・とか、犬ならばこうだろ・・など、一般論を通して見てるに過ぎず、

それでいくと バニラは論外なのですが、本質のみを見ると違ってくるのではないか・・と思いました。

 

犬も人間も同じこと。

きっと私は、自分のことを信頼していなかったのです。

バニラを通して気づきました。

ありがとう、バニラ。 あなたは立派な隊長です。

写真は、”そろそろブログの時間?”とみんな集合。 ルルベ氏 いすを占領。”どいてよ”と交渉中!

DSC00155.jpg

 

2013.10.27

切なる想い(夫婦のお話)

今日は夫婦のお話です。

巷の一般論では、こんな風に言われています。

『夫婦が仲良くないと、子どもはちゃんと育たない』 と。

 

勿論 その通りでしょう。

しかし、その一般論に縛られて苦しんでいる人が大勢いるのも事実です。

 

そしてその結果、仲良しのフリをして、自分をゴマかして生活するのです。

思った事言うと喧嘩になる とか言って。 お腹の中にいっぱい不満をためて・・・。

 

いいことないですね。下腹は膨らむし、リンパの流れは悪くなるし。

”でも・・・言っても変らない” ”言うとイヤ~な顔される”

これも事実です。

 

じゃあ どうする?

一生見て見ぬフリ? 我慢し続ける?

根性あるねぇ。

根性物語生きたきゃ、それもひとつね。細腕繁盛記・・・とかなんとか言っちゃって!

(うわぁ~、ふーみん古~い)

 

流れ (リンパ?) を変えたい人、お試しあれ!

相手に気持ちが伝わらない時は、コレです。

『自分が正しく、相手が間違っている。あんたが変るべきよ』

 

相手に何かを伝えたい時は、守って下さい。

”わたしの切なる想い” のみを伝えましょう。

心が伝われば、必ず相手は変ります。 言わなくても・・・

そして「どうして欲しいの?」と訊かれたら、そこで初めて 話し合いの体勢に入って下さい。

 

仲良し夫婦の真似っこは もうおしまい。

本当の仲睦ましい夫婦になれるよ。

その前に、自分の殻を破ること・・・必須条件かも。

がんばれ!

2013.10.26

源八橋から大阪城を見る (by Ryo)

『源八橋』について、大阪市北区のHPに次のとおりの説明があります。

——————————————————-

「樋の口のほとりにあり天満源八町の濱より中野への舟わたしなるを

以ってづくるなるべし 世に名高し」 

摂津名所図会大成に紹介された源八渡しの紹介文である。 

源八橋が架かるこの界隈は江戸時代、右岸側には大坂城代配下の 

役人たちが住み、 対岸はのどかな農村風景が広がっていた。 

大川の両岸は桜の名所として名高く、今と変わらぬ花見客でにぎわいを 

見せていた。 

渡しの東には「中野の梅林」があり、人々はこぞって観梅にでかけた。 

「源八を わたりて梅の あるじかな」 

毛馬村に生まれた蕪村が詠んだ句である。橋のかわりに大川の両岸を 

結ぶのは、渡し舟だったのである。

———————————————————-

橋の中央部にある碑文は、これです。

/wp-content/uploads/sites/21/2015/11/genpach_s.jpg

 

そして、今の源八橋から南方向を眺めると、ライトアップされた

「大阪城」が浮かび上がります。右手前のタワーは、大阪帝国ホテル。

中央の青く光る橋は、桜宮橋。左のビル群は、大阪ビジネスパーク

です。この川は大川 (旧淀川) です。

 

P1010480.jpg

同心のそばには、与力町があり、ここに江戸時代の与力・同心

が住んでいたのでしょう。今ならさしづめ大阪府警の官舎がある、

という感じかな。また、与力町の南には紅梅町、その東は、松ヶ枝町

と往時の風情を彷彿させるような地名がならんでいます。

 

なお、HPの説明文のなかに【大川の両岸の桜の名所として名高く】

とありますが、これが、現在、「大阪・造幣局の桜の通り抜け」

して、春の花見客を集める場所になっています。

 

大阪城をバックにして、四季折々に移り変わる風景を眺めながら、

通勤できるのは、大変幸せなことと日々楽しませてもらっています。

今から春が待ち遠しいところです。

 

 

 

2013.10.26

大阪天満宮界隈 ぶらり (by Ryo)

大阪で単身赴任中のおっちゃんです。ちょっと横はいりしますよ。

 

台風が去って、急に涼しく (というより寒いくらいに) なった大阪です。

今日は、特に予定がないので、朝の洗濯を終えて、午後は昼ごはんを

食べるついでに、天満宮までお参りに行ってきました。

 

入り口すぐ手前には数年前にできた「天満天神繁昌亭」という寄席があり

公演中でした。 また、今度行ってみよう。写真はありませんが

HPはこちら → http://www.hanjotei.jp/  

 

 

天満宮は随分久し振りでしたが、お宮参りの若い夫婦とその親が

数組。それなりの賑わいでした。

P1010443.jpg

 

山門の天井に、こんなものが・・・。

P1010444.jpg

 

このあと、日本一長いと言われる「天神橋筋商店街」を歩いて

結局、王将のランチを食べましたが、その向かいのコロッケ屋

は行列ができていました。この「中村屋」のコロッケは80円。

ミンチカツは120円。きっと美味しいのでしょう。

今度買ってみますね。

 

帰り道で銭湯を発見。「紅梅温泉」は、土曜日定休。残念!

でも平日は夜の12時までやっているので、平日に行こう。

P1010446.jpg

2013.10.26

ラオスの夫婦

トイレの中のレイアウトをかえました。

私の箱庭療法です。 心の中に違う風が吹いたのでしょう。

下の写真でご覧下さい。

 

咲ちゃんの雑貨やさん『サーラー』で、オープン時から気になっていためおと人形がメインです。

11月は『いい夫婦』がやはりテーマだろ・・・と思いました。

1+1=2 でしょ?

なので これからブログでも、夫婦のことに焦点を当てていきたいなと思います。

ドキッ の人も多いことでしょう。 夫婦は自分の鏡ですものね。

 

この人形、紐でくっついているのですよ。仲良しでしょ?

咲ちゃんが、ラオスの小さい村で買って来たそうです。色合いがビビットで個性的。

何故か、とっても惹かれるのです。

ラオスがどんな国なのかよく分かりませんが、私の中でピタッとくるイメージで並べてみました。

宗教的なイメージが強く、蓮の花やガネーシャを3匹もってきました。

2匹は夫婦で、後ろのデカイのはその子どもです。

左にいるのは お坊さん。かわいいでしょ?

 

トイレに入るたびに、心がなごみます。

自分の心を表現するって、何よりの癒しなんですね。

DSC00129.jpg

2013.10.25

//トラッキングコード取得