Fの日記

②秋の景色・夕方のお散歩にて

 

P1010392.jpg

裏にある里山の秋

 

P1010394.jpg

ケイトウの花の赤が あざやか!

 

P1010395.jpgP1010400.jpg

ああ・・・しんど! 今日は母さん、変なモン持参して、 最後にもう1枚!

撮影ばっかり。byバニラ (右) お友達のママに、「明日誕生日なの、私達、とってぇー」

しつこっ、あっち向いとこ・・・ (バニラ)

 

2013.09.23

①happy birthday! みるく & Fの

9月24日は、ゴールデンレトリバーの母犬みるくちゃんの14歳の誕生日。

そして25日はわたくし Fのちゃんの54歳の誕生日です。

いつのまにか、大きくなりましたなあ。でも、まだまだ大きくなりますねん。

どうぞ、よろしゅうに・・・

今日はFのちゃん、キャメラマンに変身! まあ、見て下さい。

 

P1010374.jpgP1010382.jpg

バースディーコンビ みるく& Fの ルルベくんもやって来て、ぼくもいれて!

 

P1010386.jpg

お誕生日を前にリボンでおめかし

 

P1010387.jpgP1010388.jpg

のんびりルルベくんみるくが大好き! ルルベくんとみるく おしゃべり

 

 

 

 

 

2013.09.23

お気に入りの時間

金曜日のヨガに来てくれた友ちゃんが、「ちょっと早いんだけど、史乃ちゃんに・・・」とバースディープレゼントを下さった。

ええっー、きれいー!私の好み!! とお気に入りなのです。

21日のブログの最後にも写真を入れてみました。

私の大好きカラー、ターコイズ中心のかわいい水玉スタンドP1010468.jpg

友ちゃんは、ステンドグラスの先生です。オール木でできたステキなおうちで教えていらしゃいます。

 

夜になると、光を落として、キッチンにこのスタンド、そして 虫の声を聞きながら、ヨガ教室中央窓のサンキャッチャーが、月明かりを受けて キラキラ輝くのを見るのが、大好きです。

下に掲載。これは、春ちゃんの作品です

写真では、うまくキラキラが撮れないのが残念!

 

何もかもがオフになり、身体の中に空間が・・・。

今 必要な電源のみで、後は全て 切状態。

すると、宇宙の中にいるようで、なんとも神秘的な時間。

頭の中はからっぽで、なのに心が満たされている。

時折 涙がこぼれ落ちる程、愛おしい時間なのです。

 

今、「人を殺してしまいました」と言う人が目の前に現れたとしても、無条件でその人を

抱きしめてあげられるくらい穏やかな気分 って至福の時間ですね。

 

闇と光の調和・・・まさにその言葉がピッタリです

 

P1010452.jpgP1010444.jpg

 

これが キラキラ! 闇でたたずむ パンシェ

2013.09.22

解放に向かう!

先日、19日の満月だった日に、息子達の母校である荏田東第一小学校に、

ヨガ講師として招待され、若いママ達とヨガを楽しんできました。

皆さん笑顔がステキで、お会いした瞬間に仲良しに・・・。

ヨガ初体験の方が多かったにもかかわらず、飲み込みが早い、早い!

初めはぎこちなかったポーズも、最後には決まって芯が通り、私の方がビックリです。

身体もほぐれて、柔らかくなっていました。

続けられると、色んな面に効果が出てくるだろうな・・・とホクホク顔のふみのちゃんでした。

 

私自身の体験ですが、週1と週2のヨガは、2倍以上の効果が・・・。

さらに週3になると、何かがはじけて、解放されていくのがわかります。

実際、筋肉は5日で元に戻ってしまうので、5日までに1時間位のストレッチを入れてあげるのが、

好ましいのです。

も大切な事は、あくまで気持ちよいと感じる、自分のペースで。

スタジオFのでは、週2、週3でも通えるリーズナブルなお値段を設定!

なーんちゃって、さりげに宣伝を・・・ うーん、やるね、ふみのちゃん!

 

わたくし事ですが、去年9年間習っていたクラシックバレエに、ピチオドを打ちました。

ヨガとカウンセリング中心の生活に、シフトしたいと思ったからです。

筋肉も、しめる・・・ことから、ゆるむ・・・ことへとシフトチェンジ!

ある時気づけば、バレエを習っている時は苦労してもつかなっかた前後の開脚が、

何の痛みもなく、ピタッとついているではありませんか。 あれっ?

あんなに努力してもできなかったのに・・・。

獲得したいと必死になるよりも、敢えて解放することで得られることもあるのですね。

 

P1010465.jpg 

ふみのちゃんのお気に入り。

ステンドグラスを教えている「ともちゃん」にいただきました!

 

 

2013.09.21

敬語と敬意

いささか唐突ではありますが、この間の続き、行ってみます。

誤解しないで、耳を傾け、心で聞いて下さい。耳ではなく・・・

 

敬語を使わないから、対等、という訳ではないのです。

ここで言う対等とは、真の敬意をもつということです。

(ややこしい・・・ですか?)

 

だから、敬語を使わなくても対等ではない人と、敬語で話していても、対等な人がいるでしょう。

(ああ・・・もっとややこしいですね、すみません)

 

話の視点を変えましょう。先週ヨガが終わって、お茶を飲んでいる時のこと、

Kちゃんが、何気に話していました。

「最初は、どの人もみんな・・ちゃん って呼ぶことに、すごく抵抗あったの」

ふむ ふむ 今はもうないんだ・・・

 

配置換え・・・ そう、この言葉がピッタリかも です。

 

そりゃ 大変ですよね、今まで、年上の人や何かをおしえてくれる人には、敬意をもって敬語をつかいましょう。

なーんて、教えこまれているのですから。

縦に並んでいたものを、横一列に並び変える時、当然自分の立ち位置も変りますよね。

 

立ち位置が変われば視点が変り、硬直していた考え方が徐々に動き始めるのです

 

対等な関係が築けると、誰かを支配するということは、当然起こらないでしょう。

そこには、常に気持ちの良い風が流れ、自由な空間が生まれます。

愛がはぐくまれ、年上の人を敬ったり、立派だなと思う人に敬意を持つ姿勢が育つことでしょう。

 

自然も動物も家族も、全ての係わりの中で 生命に敬意を払う・・・大切なことだと思います。

 

2013.09.19

//トラッキングコード取得