Fの日記

今年の目標

ここのところ、毎年ひとつの課題を決めて

何とかクリアできるように努力しています。

去年の課題は、『元在った処に戻す』でした。

 

片付けの基本でしょうが、

それがなかなかできない私がいたのです。

それぞれに定位置を決めてやる、

コレ、なかなか難しいことでした。

 

けれど努力の甲斐あって、

9割方できるようになってきました。

探し物をしている時間の無駄を感じた結果です。

 

とは言いながら、すぐに定位置の場所を変更するもので、

やっぱり探していますがね。(えへへへ・・・)

只今行方不明物、4点もあるのですよ。

ひゃ~、徹底できてない!

 

まあ、それはさて置き・・・

今年の目標はと言うと、

ジャーン、『早寝早起き』です。

 

早起きは得意です。

目覚まし時計は要りません。

ルルベ君とパンちゃんが起こしてくれますから。

 

しかし『早寝』は・・・

私の中では、チョー難しい。

夜になると、サッサと動くことができず

夜のとばりを、ボーっと過ごしたいほうでして

で、12時近くになると、

バタバタしてしまうのがパターンです。

 

自分の『パターンを変える』って、

何にしても大変なことです。

只今実行中。

がんばりまーす。

 

IMG_0026

お前は誰だっ?

見かけないヤツだな、え?(ルルベ)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.04.16

『潜在意識』がもの申す(ヒプノ)

”カウンセリング”や”タロット哲学”のお勉強のあと、

『動かなかった事態が急展開した』ということが常時あるようです。

人により違いはありますが。

 

実は、もうその日に事が動き始めます。

結果が現れてくるのに、タイムラグはあるものの。

はて、それは何故か、というのが今日のお話です。

 

簡単な話で言うと・・・

私(ふーみん)が、即ヒプノ状態に入るので、

みなさんもそれと同じ状態になる、ということです。

 

最近はたまた、スキルを上げたものて、

以前以上に深い部分に入れるようになりました。

なもので、みなさんの『潜在意識のお部屋』が開くのも

早くなりました。

 

こでは、従来の頭で整理するというやり方ではなく、

心の深い部分で会話をすることになります。

しかも自然にできるのです。

 

良いことばかりではありません。

溜まっている『怒り』や『悲しみ』が

揺さぶられることだってあります。

 

そうかと思えば、ひょんなことから

『あ、そうすれば上手くいくぞ』という確信が掴めたり。

 

涙が出たり笑いがでたり。

何せ、今まで硬直していた『開かずの部屋』を

動かすことになるのです。

 

砂ぼこりが舞ったり、風で書類が飛んだり・・・

そしてそれに伴い『感情が動く』のですよ。

今まで動かなかった、ワタシの奥深い感情が。

 

『内側』の変化は即『外側』に連動。

そして状況の変化へと繋がる訳です。

ヒャー!

 

IMG_0066

これは一週間前の、たまプラーザ駅前の様子です。

桜さん、もうお別れのようですね。

また1年後に会いましょうね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.04.04

帰巣本能(タロットカードより)

IMG_0074

こんにちは、4月になりましたね。

4月らしい爽やかな絵柄をご用意しました。

今日は、タロットカード小アルカナ『ワンドの4』を基に

お話しましょう。

 

絵をよーく見てください。

とても和やか、且つ家庭的な要素を醸し出していません?

 

そして『4』という数字は、安定・土台・休息などを表します。

危険・リスキーな冒険的な動きでなく、あくまで手堅く安全に。

でも『ワンド』ですから、戦いの中の休憩タイムと

思ってください。

 

『ワンド』は『火』の要素です。

『火』がつけばどんどん広がり、燃え尽きるまで

おしまいにできない要素をはらんでいます。

なので、情熱を傾けているもの(人)に対して距離を置く、と

とってもよいでしょう。

 

『帰巣本能』・・・

動物などが、何処にいても迷子にならず自分の巣に戻る、

という身体に備わったシステムのことを言いますね。

代表選手としては、”伝書バト”ですかね。

 

人に置き換えたとして、

『本来の自分に戻る』というシステムが

ソレに当たると思います。

 

『ワンド』さんは情熱的に突き進むタイプですので、

留めを知らずついついやり過ぎてしまいます。

はぁ~。

結果疲れ果てて、オーバーヒート状態に。

 

『ちょっと待った』を掛けて、

常に『自分はどこまでやるべきか』

『どこまでのラインを望んでいるのか』

『良い人になりたい気持ち』とのバランス、兼ね合いを

計ることは大切です。

 

男性性的にお話すると、

『仕事にかまけて家庭を置き去りにしていないか』

などの読み方ができるでしょう。

 

本来人は、自分の巣(家)を大切に扱いたい

という欲を持っています。

究極コレは、『自分を大切に扱っている』

ということに繋がりますね。

 

逆向き(リバース)に出たりすると、

『家庭をおろそかにしている、という罪悪感』など

ありませんか?(ギクッ!)

などと訊いてみたりします。

 

へへへ・・・

好きに遊んでみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.04.02

//トラッキングコード取得