Fの日記

見つけよう、良い頃合

 

IMG_0488_R

今日の朝ヨガ終わってから、『神楽坂』へ。

初めていきました。なんで?

さあ、なんでやろ?

ん? よーわからんわ。

んなことないやろ?  そやな。

まあ、よろしいやん。(説明、めんどくさ!)

 

毘沙門天さんを祭っているんですって。

えーっと、神社やなくってお寺?

うーん、よーわからんわ。

まあ、どっちでもええですわ。

 

毘沙門天さんは、七福神の1人。

なんと、略奪、強姦、殺人と悪の限りを尽くした

喧嘩っぱやい神さまだったらしい。

 

或る日、お釈迦さまと出会って説教を受けたとか。

なかなかのアスリートタイプなんですって。 まあ!

 

なんか人間らしくって、好きかも。

『悪』と『正』が同居する人間、

『寒さ』の中にも『暖かさ』の混じる今日この頃

 

自分の中の『良い頃合』を探って生きる、

そんな楽しみ方もいいじゃないっすか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.02.27

諦めることなかれ!

先週末、ドッヒャーと鼻水が出て、

犯人は『花粉』かと思いきや、

な、な、なんと『風邪』でした。

 

寝込むほどではないにしても、

だる~い日が1日だけありましたっけ?

そんな時、ふと考えました。

『何故、風邪ひいたのだろう?』

 

「・・・。」

悲しい気持ちが置き去りにされている。

諦めてはいけない。

勇気を持って、突き進め。

 

そんな言葉がムクムクと湧いてきまして、

その『悲しみの正体』を見つめていました。

 

今回はしっぽを掴みにくくって

難航はしたものの、

そこは”結構しぶといふーみん”のこと、

最後は掴みましたよ。『悲しみの正体』を。

 

『パートナーシップ』

それは、おっちゃんが関わっていることだったので、

2日ほど夜を徹して話しました。

風邪ひいているにも拘わらず。

 

私がおっちゃんに訴え続けていることがあったのです。

おっちゃんは、いつも聞いているフリをして、スルーしていました。

いつの間にか『諦め』なのか、『気にならなくなった』のか

私もスルーしそうになっていました。

 

でもしなかったのです。

私の『無意識層』は、ウソを見破ったのですよ。

素晴らしい! でかしたぞ、無意識くん。

 

そしてついに、おっちゃんに通じたのです。

あ、解かったんだ、おっちゃんは。

私の気持ちを受け入れてくれた感がありました。

『諦めることなかれ!』

それが今週のタイトルです。

達成感!

風邪は一気に飛びました。

 

ファイル 2018-02-14 20 09 58_R

鏡に映った『ヨガスタジオ』

パートナーは『鏡の存在』だー

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.02.24

カウンセリングの役割(私はどこにいるの?)

ちょっと想像してみてください。

あなたが今、どこに立っているのかが解らないとしたら・・・

 

不安だと思いませんか?

でも案外、コレが多いんです。

『不安』や『迷い』の要因に。

 

人はみな、何処に居る(立つ)ことがベストかを知りたがります

そして手っ取り早く、すぐに解答が得られる方法論を模索します。

それはそれで、立派なことです。

 

しかし”手っ取り早い解答”には、欠陥があるかもです。

『不安』や『迷い』がやはり付きまとい、

解放されていないことに気付きます。

何故でしょう?

 

例えば・・・

「この場所はあなたの場所ではないですよ。

こちらにいた方がいいです。」

という解答を得たとします。

その通りにして幸せが来るでしょうか?

 

その前に大切なことは・・・

今現在、私はここに位置して

その現実をどう受け止めているのか、

の確認をすること、ではないでしょうか。

些細なことですが、そこを捉えるのと捉えないのとでは

大いに違ってきます。

 

今、”ぬかるみ”にいて、しっかりと立てている感覚がない。

とか、

水辺にいるようで気持ち悪い、など。

 

何故そこにいるのでしょうね?

誰の選択でしょう?

 

などの質問に答えていくうちに、

自然と自分の中の『答え』が浮かび上がってくる、

それがカウンセリングの醍醐味です。

 

提案はあるものの、

カウンセリングで『正解』を与えられることはありません。

しかしはっきりと決断ができ、

その時『迷い』は飛んでしまっています。

 

解答を与えられない分、暇は掛かります。

しかし時間を掛けて熟成させたものには、

それだけの価値が伴います。

 

ファイル 2018-02-14 20 06 31_R

熟成ね、ワインと同じか。

よっしゃ、寝とこう! ”寝る子は育つ”っと。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.02.16

絞り込み(腸が動く)

ファイル 2018-02-14 20 10 24_R

これは今週の日曜日のヨガの最後に、

腸を絞り込んでいる時のものです。

 

簡単な動きですので、やってみてください。

でもコツがあります。

単純な動きほどそうなのですが、

カラダが緩んでいる状態で行うのと、

どこかに(特に腸)力が入った状態で行うのとでは

効き目に違いが出ます。

 

なのでヨガの最後に私はよく行います。

お家でされるのなら、少しカラダを揺らしたり

軽くジャンプをしたりしてからが良いでしょう。

 

左右の手、どちらかを上に もう一方のの手を下にして

息を吸い、ハァーと吐き出しながら上下の手を横に伸ばしていく。

他のスポーツでもいいです。最後の調整と深呼吸を兼ねて

試みてください

緩んだ腸をキューと絞めて、いい感じです。

 

絞り込む・・・という言葉はそもそも、

何かを集中して行う。

知恵を絞り出す。

 

など自分の中のエネルギーを集約して、一気に出す。

というイメージがあります。

そんな時・・・

ベストの出来は、力まずに身を委ねるようにすること。

すると中心にエネルギーが集まり、絞り込み易くなりますね。

 

腸の動きが悪い時は、カラダに力が入りません。

考え方も固まってきて、段々意固地になります。

反対に腸が活発に動くようになると、

考え方も柔軟になるのでしょう。

そして『決断』ができます。

 

『腹が決まる』

腸はチョー大事ですな。

腸=頭(考え方)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.02.14

教育の力はスゴイ!

私が大学で、教育学部を選んだのは・・・

自分の生い立ちを通して、『教育』ってスゴイ!

こんなに影響を及ぼすものなんだ、と痛感したからです。

 

『引きこもり』状態のふーみんが、

両面持っている、その反対側の私を出して歩き始めるなんて、

親戚中の誰もが驚きました。

いまだに「この史ちゃんが、あの史ちゃんなの?」

なんて言われます。

この私だってビックリですよ。

 

その立役者は、私の『母親』です。

母は私が4歳くらいの時に公務員を退職し、

代わりに喫茶店を経営しました。

 

そして「これからの時代は女性も、

強くたくましく生きていかなあかんで、史ちゃん。」

と、私に喧嘩の仕方や、幼稚園での処世術などを

面白おかしく私に教えてくれました。

 

それはそれは面白くて、笑いが出てしまうほどでした。

なーるほど、そうやって生きてみるのも楽しそうや!

母のように考えると楽チンかも。

そう思ったのを覚えています。

 

母の誘導は、『お見事!』でした。

難なく、苦労もせずに誘導された、

そんな感じがします。

まるで催眠術にでも掛けられたように・・・

 

今現在、独特のカウンセリング法で皆さんを導いているのも、

母に教えて貰った処世術などがベースにあるのでしょう。

それは無意識レベルですがね。

 

決して強制はしないのに、何故か惹かれるものがありました。

その、母の”処世術”に。

 

1つだけ、強く言われたことがあります。

『喧嘩は負けてくるな、但し

常に自分よりも強い者と戦え。

弱いと思う者には手をだすな。

カラダを張ってでも(弱者)守ってやれ』

です。

 

カッコええやん。

ええもんや!

 

そうして4歳の私は、少しずつ少しずつ母のエネルギーを受けて

強くたくましく育っていくのです。

ファイル 2018-02-06 16 34 53_R

ふーん、そーやったん?(ちび太くんがここに来ました)

インターホンの上ですよー

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.02.13

//トラッキングコード取得