Fの日記

ダブルステージ

有能なポータブルテレビが来たものだから、

しょーがなしにテレビを見ました。

ふーみんは1年に1度くらいしかテレビを見ません。

まあ、年中行事みたいなモンです。

 

ああ、そやそや、久々にフィギュアスケートでも見よか!

丁度昨日は、女子の日本選手権がありましたし。

 

そして ここでも昨日の話が通用します。

フィギュアスケートは2年くらい全く見ていなかったので、

知らない若手選手が沢山いました。

 

この若手の新人選手たちは、『成長の第1課程』にいますから

上がるのは比較的簡単なのです。

いや、それでも大きな努力の末なのですよ。

 

次に『第2課程』ですが、ここは大変に大変です。

『第1課程』を通過した者、つまり”タイトル”を取った者が

次なるステージに上る時、

一度、ゼロにリセットされるのです。

 

そして厄介なことに、”選手権”というステージは第1も第2も

同じ”土俵”で繰り広げられる訳です。

分かり易く言うと、

『第2課程』に差し掛かった人は、

コツコツと積み重ねてきた『第1課程』の人の下に

位置することになるのです。

解かりますか? この理屈。

 

屈辱を感じるかもしれません。

でも、1度下に落ちるのです。

その”屈辱”をどう料理するかで、

『第2課程』の価値は決まりす。

 

ははは・・・

難しいけど、大事なことを伝えますよ。

心して聞いてください。

 

ああ、そしてこれを『ダブルステージ』と言います。

ここからは明日ね

dsc03133

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.12.26

元の木阿弥

12月22日のブログの続きです。

”ずっと楽チンな生活をしていると、ドベドベと下がってくる”

そしてゼロに戻ってしまった。 ってあの話ね。

そう、元の木阿弥~

 

色んな局面で、あると思います。

例えば・・・

少し片付けをして、もういいや。

でもすぐに散らかっちゃった。 あ~あ、とか。

 

夫婦で(他のパートナーでも)話し合って歩み寄れても、

次のミーティングを怠ったために

元の疎遠な関係に舞い戻っちゃった、とか。

 

そんな時、やっぱり私には無理だったんだわ!

と思い諦めがちなのですが、

そんなことなかれ! であります。

 

ここは努力が必要で、根気強く

そして粘り強くいきましょう。

 

2回目、3回目こそが勝負を決めます。

片付けで言うと、1回目以上に大切です。

執着を捨てられるのも、3回目位の時でした。(私の場合)

間髪を入れずに行って下さい。

 

人間関係でも同じことが言えます。

何を成すにも、日々の努力が肝心です。

理解されない、と言う前に

理解するための時間を設けましょう。

元の木阿弥にならぬよう。

dsc03131

おっちゃんが、ポータブルテレビを買ってきました。

タブレットよりもちょっと大きい感じ。(20×25㎝)

インターネットにも繋げるし、DVDにも。

ウッヒョー! 進化したね。

私に教えてくれるが、うーん(゜-゜)

まっ、そのうちな

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.12.25

初心忘るるべからず

最初にこうなりたい!

と思った素直な気持ちをずっと持ち続けることは、

何よりも大切なことかもしれません。

 

でも何よりも難しいことなのかも、です。

育つ過程で付いてくる称号や名誉に、振り回されるのです。

そのうち、その称号が一人歩きを始め、

いつの間にか初心はどこへやら。

 

そうなると、昨日の演奏家たちのような

初々しい音は出せません。

結果、称賛、讃美が第一の音となり、

やがて苦しくなるのです。

 

今の私にしか出せない音を出してみませんか?

その音は生き生きとして、誰かの心を震わせます。

その震わせられた人は次の人に伝え、

感動の輪が広がります。

 

この時、結果や評価は気にしてはいません。。

が、長い目で見て『大きな評価』に繋がるのです。

面白いですね。

dsc03126

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.12.24

未完成が故に育っ夢🌛✨

 

DSC_0065

ハープのレッスンの帰り道、ぶらっと立ち寄った東急百貨店の入り口で、

洗足学園音楽大学の学生さんによる サックスフォンの演奏に聴き惚れてしまいました。

 

ふーみんは昔からそうなのですが、

既に完成され切ったプロの演奏家の奏でる音よりも、

無名の学生さんの奏でる音に感動を覚えることが多いのです。

何故だろう?

彼らのステキなジャズ演奏を聴きながら、考えていました。

 

ドーンと伝わってくるものの正体を掴みたくて、

夕方のラストの演奏にも参加しました。

 

音に濁りがないと言うのでしょうか、

汚れのない無垢の魅力があるのです。

そこには希望の光りが溢れ、可能性の大きさや

チャレンジへの楽しみ、マンネリの否定、などなど。

伝わってくるものの正体はその辺でした。

きっと私の中にもそれらがあって、ワサワサと騒ぐのかもしれません。

 

同年代(私と)の人が忘れているものかもです。

私は必死で訴え続けるのです。

忘れないで❗

昔もっていた夢や希望を。 必ず叶えるのよ、大丈夫だからと。

 

完成され、もう動かし難いものではなく、

未完成が故に育つ夢や変化、改革。

今日は『ステラ・サックスフォンカルテット』の皆さんのお陰で

私の中に動き出している夢を体現することができました。

ありがとう。

 

演奏終了後、今日のお礼と写真をブログに載せる許可を戴きました。

これからのご活躍をお祈りしています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.12.23

類は友を呼んで・・・

『成長の第2課程』(12月20日のブログ)の続きです。

成長を遂げて『分離の第1課程』を卒業したことで

ホッとしたワタシは、長いお休みに入ります。

ひと休みもしたいものです。

 

けどひと休みは楽チンで、ずっとそこに居座りたくなります。

そしてドップリと浸かり込み、あぐらをかいてしまいます。

 

次にやってくるのは、今日のテーマ『類は友を呼ぶ』です。

”楽チン状態であぐら”でしょ?

同じ状態でいる人を見つけ、共に時を過ごすのです。

それ自体は悪いことではありません。

 

しかしずっと目をつむり、魂の成長をストップしたままいることに

無意識のワタシは納得をしていません。

色んな形で知らせてくるのですが、

それでも無視し続けると・・・

 

そのうちカラダは重くなって、ドベドベと下がってくるのです。

いつの間にか、成長の前にいた場所に戻るのです。

あ~あ、”元の木阿弥”

折角苦労して成長を遂げたのに・・・

 

『類は友を呼ぶ』お手々繋いでたむろっていると、

自由に羽ばたけないのです。

飛びたいのに横の人が「いくな!」と手を離さない。

そんな状態。 この表現がぴったりでしょう

dsc03075

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016.12.22

//トラッキングコード取得