Fの日記

カウンセリングは何の為に受けるの?

カウンセリングは心を病んだ人が受けるもの

と思い込んでいる人が多いようです。

勿論それも事実ですが、それだけではありません。

今日はカウンセリングの素晴らしさを垣間見ていただければ幸いです。

 

ご家族に何らかのトラブルが発生した場合、

「ご本人ではなく、あなたが先ずカウンセリングを受けてみて下さい。」

とお伝えすると、”ん? 何故私が?” とキョトンとされます。

その裏には、”私はなにも悪い処はない。変える必要など何もない”

という意志が見え隠れします。

 

そして『”その意志”こそが根本原因の一つである』という事実を理解しようとは

されません。

”誰が良くて、誰が悪いか” という原因追及の姿勢であったり、

”良し悪し”の基準の見直し、といった問題を遠ざけているかもしれません。

 

家族はみんなひとつ。繋がっています。

一人ひとりが役割を担った、同心円上に位置します。

家族の一員に起きて見せられていることは、

自分にとっても大切な学びのはずです。

 

私はもう学ぶ必要がないから、あなただけが学びなさい。

私はもう成長する必要がない。

そんな人いるでしょうか?

 

人間やっている以上、さいなら~と死んでしまうまでが

ひとつの過程。ずっと学びは付き物です。

カラダも同じですが、私は十分鍛えたから動かす必要がない、

と思った瞬間に『退化』と『老化』が始まります。

 

反対に、ご家族のお一人がどんどんとカウンセリングを受けて変化されると、

自然に全員に変革が起こります。

そして家族だけでなく、仕事にも良い変化の波が押し寄せて

あれよあれよという間に、希望通りの仕事にも恵まれる人が多く

いつも報告を受けて、私自身が驚くばかりです。

 

固執した考え方を捨てる作業は、

ご家族のどなたかのトラブルに起因することが多いのですよ。

お一人ではなく、全員で見つめてみましょう。

今まで見落としていた、大切なことに気づくでしょう。

DSC02458

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.03

依存と共存の物語

とある処にひとりの男と女がいました。

彼らはとても愛し合っていたのです。

自然な流れで結婚し、”生活”を共にするようになりました。

 

ところが、”家庭”というある”縛り”にも似た範疇での関係は、

何かが違っていました。

いつもお互いの心は”すれ違い”。

 

女は淋しさの中、自分の存在に疑問を感じ、

男は忙しさの隙間に逃げ込んで、時は流れていくのです。

 

不安や不満が膨らみ始めたそんな時、

目を奪われる”可愛い存在が産声をあげました。

男と女は我を忘れて可愛がり、心はどんどんと癒されていったのです。

やがてそんな感情をもっていたことも、なかったようにかき消され、

一瞬幸せを感じたように思われました。

 

でもそれらは代償行為に過ぎず、

心の奥底では淋しさが日に日に増していくのです。

その感情を紛らせるように女は、我が子をたいそう慈しみ

そこに生きがいを感じます。

男は疎外感を感じ、行き場のない気持ちを仕事に向けながら。

 

決してお互いを見つめることはなく、目をそらしながら

それぞれの世界を生きるのです。

DSC02466

箱庭療法のセットより

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.02

かん田かんぞう君

ゴム遊びが好きで、飽きることのないルルベくん(猫)は

延々とゴム遊びを続けます。

そして、「待っててね。」と言うと

じっと座って賢く待つのですが、

嘘つきをすると、「まだか?」と訴えて足を咬みにきます。

おっちゃんはよく足を咬まれていて、

「咬んだらアカンぞ!」と言うのです。

 

咬んだらあかん・・・かんだーかんぞー

そして『かんだかんぞう君』と呼ばれるようになりました。

かん田かんぞう君は、今日も元気にゴム遊びを楽しんでいましたよ。

DSC02340

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.01

写真で復習

DSC02461 DSC02460

 

昨日のブログのまとめです。

”ほぐし”(解し)の『解』の字のことを、分かりやすく票にしてみました。

これは、マメおっちゃんが作ってくれました。

もうひとつの”ひと目でわかる「スタジオFの」4つの扉”ではリンクすると、きれいに出ると思います。

そちらが開けない方のために。

 

つまり ココロをオープンにして開いていくということは、

”前に進む”ということなのですね。(右の票参)

”ほぐし”ているうちに、いつの間にかココロの扉は開き、

そこに風が吹き抜け、快方に向かうことでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.11.30

ひと目でわかる「スタジオFの」4つの扉

4つの扉を開いてみてね!

 

【第1の扉】ほぐし屋さん!  ⇒  <セールスポイント> ココロとカラダのほぐし屋さん!

 

【第2の扉】「解」 ⇒ <解ったような?解らんような?お話> 「解」の謎解き

 

【第3の扉】名刺(ニューバージョン)  ⇒ <内容> こんなこと、やってます!

 

【第4の扉】スタジオFの への道順 ⇒ <ご近所さん> これを見ればスタジオに辿り着きます!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.11.30

//トラッキングコード取得