Fの日記

頑張れ・バニラ!

今日(24日)はバニラちゃんの試練の日

おっぱいにできている”しこり”を取る手術でした。

朝からご飯抜きで、それが一番大変そうでした。

 

抗議のおしっこ・お漏らしまでして訴えていましたが、お母さんはきいてくれません。

バニちゃんのことを慕っている2匹の猫たちは、

バニちゃんと一緒に試練を・・・と午前中はご飯を食べませんでした。

 

正に”チームプレー”!

『チーム・たにかが』はみんなでひとつのようです。

 

先に天国にいった”コロ助氏”と”チビ太氏”に手を合わせ、

バニちゃんの無事を祈りました。

勿論、遠くにいる”お兄ちゃん”たちからもパワーをもらって。

 

夕方に面会に行ったら、しっぽをぷりぷり振って喜んでいました。

元気そうなバニラの顔を見るとホッとして、緊張が緩みました。

ああ、緊張していたんだ!

 

帰って他の3匹に報告すると、彼らもホッとしたのか

猫さんたちはご飯を食べてくれました。

 

猫たちと私は”お腹が緩く、みるくは”便秘”です。

おっちゃんにそれらを話しながら、

バニラは家族の中で重要なポジションにいたのだ、と気付きました。

大きな大きな存在だったのです。

バニラのおっぱいの”しこり”が教えてくれた、ありがたい”お報せ”です。

 

彼女が帰ってきたら大切にしてあげようね、と話しました。

そして私たちも、残りの人生を大切に生きようと思います。

彼らと共に・・・

 

24日朝の写真です。右がバニラ(11歳)・左はバニラの母みるく(16歳)

DSC02531

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.25

親子関係(可愛がるという行為)

意外なのですが、誰かをすごく可愛がったのに

愛を注がれた本人としては『不満足』を感じる・・・

という現象が多々あります。

 

そして愛を注いでくれた人を恨んでいるかのように

腹が立つのです。

 

このケースで最も多いのが、『家族との関係(夫婦など)が

自分の中でしっくりといっていないと感じ、

その代償行為として誰かを可愛がっている』という場合です。

 

何かに気持ちを向けることで気を紛らしているのですが、

あくまで”紛らしている”に過ぎず

愛を注いでいる本人にしても、本当の満足には繋がりません。

 

そして、愛を注がれた方にも同じ現象が起こります。

つまり、”注がれた愛”は本流の『真実の愛』ではなく

支流の『見せかけの愛』に近いということです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.23

自分に与えられた役割

わー、年末ですね。 今年も残すところ10日のみになりましたよ。

みなさんにとって、今年はどんな年でしたか?

 

私は・・・そうですね、色んな意味で変化に富んだ年でした。

『思ったことは、即実行をする。

今大切なものは何で、必要としていないものは何かを常に意識する。』

これを大切に生活したつもりです。

どれだけできたかは・・・そうですね、70点ってところでしょうか。

 

来年に向けては・・・

これにしました。

『自分に与えられた役割をしっかりとこなす。』

へへへ・・・(かっこエエわぁ)

70点越えるように精進します。

変な”ダジャレ”ばかり言いません。

言ったら、”こら、真面目にやれ!” 言うて下さい。

よろしくお願いします。

DSC02474

写真撮影には必ず登場”パンちゃん”

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.21

心に囚われる?

バニラちゃん(11歳・ゴールデンレトリバー)のお腹の調子が悪く、

彼女を連れて動物病院へ。

診察を待つ間に、バニラと一緒に1冊の本を見てました。

『人生はニャンとかなる!』(文響社)という猫の写真が沢山ある本です。

 

枯渇しているようにその本に手が伸び、パラパラとページをめくり

あるページで手が止まりました。

可愛い猫写真と共に書かれていたその言葉は・・・

 

”人は運命に囚われているのではない。

自分の心に囚われているのだ。” フランクリン・ルーズベルト

 

「名言や! あのー、ペンをお借りしてもいい?」

先生にペンをお借りして、レシートの裏に控えてきました。

 

バニラちゃんのお腹と共に出会ったこの1文。

きっと私の中で、囚われている何かがあり

消化したいのにできないものがあるのでしょう。

帰り道、ひんやり冷たい空気に包まれながら

ぼんやりと、そんな風に思いました。

 

でもそのお蔭かしら、認めたくない事実と向き合う何分かの時間のあとに、

今後の治療方針を決定したのです。

お腹が決まった・・・感じでした。

バニラのお蔭だ! サンキュー

きっと全ては上手くいく!

DSC01604

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.19

罪悪感

みんなどこかに『罪悪感』を抱えて生きています。

”ワタシは罪びとだ!”と。

そして案外、気付いていないのです。 持っている『罪悪感』に。

この『罪悪感』が、病(やまい)の第一要因であることにも。

 

そして その『原罪』を償うために、自分に負荷を与えるのです。

”病”だけではなく、”怪我”や”事故”。

または”太る”という事象も。

 

例えば、家庭を遠ざけ”仕事”に逃げたり

若しくは”浮気”(何かに)していた人がいたとして、

どこかで”ワタシは罪を作っている、悪いヤツだ” と思っています。

でもそれは”裏の意識”で、決して表面には上がってこないのです。

 

必死で”悪いことはしていない”と思うようにしているのですが、

裏の意識はしっかりと捉え、カラダに表します。

この時、表と裏(の意識)は引っ張り合っている状態。

当然、葛藤が生じます。

 

ゆっくりと、この状態を理解するところから始めましょう。

大切なことは、”自分のカラダのレッスン”です。

DSC02471

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015.12.18

//トラッキングコード取得