Fの日記

人生の方程式 その1

4月2日 (月)

昨日のつづきより・・・

仮にですよ、気になる人がいるとします。

この人がいなくなれば、問題は解決するでしょうか?

よーく見て 解決したのではなく、見ないような状況をつくっているだけで、

何も変わっていません。

そして 所かえて、また次なる問題が用意されます。

でも よーく見て、自分と向き合い、気にならなくなると、もう この問題は クリアーです。

おめでとう! 本当の解決をむかえました。

その道を、何も考えずに 無になって歩くことができたなら、

すぐに 多くの喜びや 楽しさがやってきます。

 

壁を越える努力をせずに 毎日を過ごす・・・勿論 結構!

でも なーんとなく居心地がわるいのです。

自信がないのは そのせい?

 

そんな時 、一度ためしてみてください。

今までのように 見て見ぬふりをするのではなく、じっと見て そのままにしておく。

そして そんな自分を好きになる。

それで十分! OKです。

 

超えると決めて 生まれてきたこの道のりを、楽しく歩むことこそが

真の喜びではないでしょうか。

 

人に言われたことは すぐに変わるが、

自分のお腹で決めたことは 一生変わらない。

人生の方程式 その1です。

 

今日も楽しく ヒプノヨガ。 ハーブティーは 夢見る蝶ちょ

ジャスミン・リコリス・エルダーフラワー・緑茶

ほんのりと甘く、なかなかグットでした。

居心地のよい 前の場所にまだいたいの・・・と少し甘えて

大空に羽ばたく前に しぶっている蝶を、イメージしてみました。

2012.04.02

ひとつの苦悩と、多くの喜び

4月1日 (日)

こんな風に思うのです。

人は、生まれてくる時に、ひとつの苦悩と いっぱいの楽しさを 携えて

やってくる・・・と。

苦悩 = 目の前に ドーンと立ちはだかる壁

でも 必ず超えらる。 だから 与えられる。 または 自分で選択して、

この世に来ている・・・と。

 

ここで 3つの選択肢があります。

[1] 歯をくいしばって、耐えながら生きる

[2]  逃げる (ぐれる・かわす・暴言をはく・・など)

[3]  距離を置いて じっと見る

 

[1]は なんだかしんどそう。 それに 病気になりそうです。

[2]は 結構本人もきついのです。 一時的には楽になるけれど、対処療法でしか

ない。

[3]・・・これはどうでしょう?

 

[2]と[3]は とても似ているのですが、実は 全く違います。

[2]は 対象の物 (者) を見ていませんが、[3]は 一見何も変わらなそうで、

対象物と向き合い、傍観しています。

実は、これが 一番難しいのです。 でも これができれば、何もかもが

変化するでしょう。

対象物 (人物) を見ているようで、実は 自分自身を観察しているのです。

カウンセリングの役割は、この部分です。

腰をすえ、腹をきめて、共に傍観に付き合います。

人間、なかなか 一人では、自分に向かっていきにくいものです。

だから、時として きつい道のりでもあるでしょう。

腹がたつことも あります。 が、怒ってるわたしと向き合うこと  こそ

怒りを解放する 最も強力な手段かもしれません。

 

 

2012.04.01

ヨガ・ヨーガの時間ですよぉ~

3月30日 (金)

002.jpg

「みんなー ヨガ・ヨーガの時間ですよー」と言うと、まずバニラ (7歳の雌犬・・ゴール

デン) が階段を駆け上がって 2階へ。

それを皮切りに ルルベくん (2歳の雄猫) が続き、そしてパンシェ (2歳の雌猫) が走っ

てく。最後に しょうがないなぁという顔で みるく (12歳の雌犬=バニラの母) がトボトボと

2階へ。毎回 このパターンなのです。なぜか いつも笑える。巧妙すぎて・・・。

チビ太くん (12歳の雄犬・・シーズー) だけは、テコでも動かない。

 

時としてバニラは、ハーブティーのカップを出しただけで、「はーい、ヨガ ヨーガですね」と

言わんばっかりに、一目散に2Fに駆け上がっていきます。

まさしく条件反射。

みるくの娘・バニラちゃんは、いたって単純なヤツです。こっちが驚く程従順で、

人間に逆らって文句を言う 猫とチビ太は、彼女によく叱られています。爪切、耳そうじ

の時などに。

でも、生きている事が楽しそう。

自分が今、ここに存在する。彼女にとって それが全てなのでしょう。

他は 何もないのかもしれません。

波に逆らわない事って ある意味楽で 抵抗のない生き方です。

でもこの生き方と、自分を消して 人に合わせて生きる事とは、全く違います。

前者と後者は、対極かもしれません。それなのに、ここを混同するから

色んな不具合が生じてくると思うのです。

本当に自分の存在を認め、自信を持つ事ができれば、

来る波に逆らわず、楽に生きることができるのでしょう。

難しいようで、本当は簡単なことなのです。

バニラのように、単純に生きればよいのですから。

動物や自然から学ぶことは、人間から学ぶことよりも 奥が深いかもしれません。

 

金曜日のヨガ・ヨーガ・ハーブティーは、メンバーのSっちゃんのお庭で採れた

ジャーマンカモミールと、お友達にいただいたという の花が主で、

ネトル、スギナを足して花粉対策としました。

真の調和・・・という意味で、和み とネーミング。

「久しぶりに 来れたわ」と言う Tるちゃんや、水曜振り替えのEちゃん、メンバーの

お友達の とび入り参加 Yちゃんなどが加わり、金曜メンバー プラスアルファで

とても賑やか,かつ和やかな時間となりました。

異質な顔合わせで 違う風をとり入れることができたようです。

カードを切るように 心の中をシャッフルすることって 大事ですね。

みなさん、ありがとうございました。

004.jpg

012.jpg

2012.03.31

サクラ色のたまプラーザ

3月29日 (木)

015.jpg

わたしの住む街、たまプラーザは、日毎にサクラ色になりつつあります。

月曜・ヨガのハーブティーは 桜のつぼみでしたが、水曜日は サクラ色の想い・・・

と名づけました。ラベンダー・スギナ・ルイボスの3種ブレンドです。

ほんのりと甘く切ない想いを胸に ヒプノにも入りました。

今日はお天気が良かったので、家の裏山のサクラ色を撮ってきましたので 添付

しますね。

梅、桃も入っていますが。

たまプラーザ駅、あざみ野駅周辺は、満開になるとみごとですので、是非お花見にい

らして下さい。

勿論 満開もいいのですが、もう少しで咲くこの頃も好きなのです。

そこで今日は、サクラ色の性質について書いてみたいと思います。

心をなごませ 癒してくれる色であり、傷ついた心や もつれた心を和らいでくれます。

見ているだけで、燃えたぎる火もおさまり、怒りも鎮まってくるような感じがします。

でも、過ぎると 偽りの謙遜や深いうぬぼれにもつながり易いのです。

思いやりと称して 人の領域に入り込み、自分の必要性をアピールしたり、

また 弱い立場の人を支配したいという気持ちも表わしたりします。

それは 自分の中心にいる人のダイナミックな愛ではなく、ニーズを満たすために

優しさを投影してるにすぎないのです。

サクラ色の こんな一面を覗きながら、お花見をするのもよいでしょう。

みんな持っている 自分の中の一面でもあるのです。

 020.jpg

018.jpg

2012.03.29

『サタナマ』 ウォーク

3月19日 (月)

今日のヨガは、とび入り参加のS美ちゃんも含め 7人。

とても賑やでした。なので、久しぶりに サタナマウォーク をしてみました。

「サ」 は 輝き続ける。 わやかな私

「タ」 は 過去の嫌いな私。 魂 (ましい) の影とでもいいましょうか。

「ナ」 は 今の私。 まぁ まの自分ですね。

「マ」 は 未来の私。 母・・・つまり マのように大らかにすべてを包み込む私。

親指で わっかをつくり、人差し指から 小指まで当てながら 「サタナマ」と つぶやきながら歩きます。

最初は ぎこちないのですが、そのうち ひとのことが 気にならなくなり、自然に歩けるようになった時、何かが開きます。

そして ヒプノタイムで、心配や不安の種と出会い、自分の中で認識する というものです。

不安を持ってはいけないとか、手放せとか言われましても、何故 それを持っているのか、

または持っていることすら 気がつかないのが現状ですよね。

いいのです。持っていても・・・。もういらない、脱出したいと自分で望むまで・・・。

なかなか おもしろいヒプノタイムでした。

3月、4月は 花粉症対策のハーブをブレンドしてみようと思ってます。

ちなみに 今日のハーブは、セントジョーンズワート、スギナ、ネトル、ルイボスの4種で、重い頭が 軽くなるという意味で、

パ・ディ・シャ (猫の足どり) とネーミングしてみました。

ヨガ終了後には、お伊勢参りをしてきた I 美ちゃんのお土産をさかなに 旅のお話を聞きながら、おいしくいただいて、

身も心も 軽やかに みなさん家路につかれました。

次回、水曜日は 人数に余裕があるので、たまプラーザ、あざみ野近辺の方、どうぞ遊びにいらして下さい。

( ※ 23日の金曜日はお休みです。 )

2012.03.19

//トラッキングコード取得