Fの日記

迷いと洗脳

何かの、または誰かの『これが正しい』という

頑なとも言える考え方に支配されている時、

『迷い』は生じません。

『迷い』がないと、ある意味”楽チン”かしれません。

 

反対に、独自の考え方がまだ構築されていない時

ああでもない、ここは違う、

紆余曲折し、蛇行し、

結局ワタシはどうしたいの?

迷路に入ってしまったように感じます。

 

相反する2つの間で、行ったり来たりしているような。

でもそんな時こそチャンスです。

オリジナルの考えを奥の方から出してきて、

それを生きてみてはどうでしょう。

 

洗脳ではなく、オリジナルです。

必ずあるはずです。

ワタシしか生きれない生き方が。

 

一旦『常識』だと思っていたことを

脇に置くことも必要かもしれません。

人により、それは苦しいことかもしれません。

でも、慣れるとすごーく楽に呼吸している

ワタシと出会うでしょう。

 

IMG_0362

もう行っちゃったけど、台風で飛ばされないように

『スタジオFの』看板たちはお家の中避難していました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.09.05

部屋着兼ねたヨガウェアー

この夏買ったワコールの商品をご紹介。

パジャマのような、お出かけもできそうな?

私はたまプラーザ東急百貨店2階で見つけました。

 

パジャマ売り場ですから、寝間着としても

そして部屋着としても、

さらにヨガウェアーとしてもいける口です。

 

もう秋になったのでさすがに置いてないでしょうが、

また来年チェックしてみてください。

お値段は6500円だったと思います。

商品名は SOU・SOUです。

 

涼しさ100点!

私は3点買ったのですが、面白いのは

3点とも微妙に裾のデザインが違うのです。

絞っていてモンペ風だったり、

広がっていたり、折り返してあったりです。

秋冬は、その下にスパッツなどを履こうと思います。

 

私はヨガ時は着ません。

ぴったりとカラダにフィットしたものでなければ

ポーズがはっきりとわからないためです。

でも習う立場の皆さんは、オッケーです。

楽で着心地の良いものなら何でも。

 

身に付けるものって、結構大事だと思います。

高価か、そうでないかではなく、

内側と外側の中間で、それらを繋ぐ

ある意味メッセンジャーではないかと思うのです。

 

ワタシらしいものを選ぶ。

外側に位置する者たちに表現する、1つの手段。

コミュニケーションのようなものですね。

さり気なく自分を表現できた時、

ほっとするでしょ?

そんなアイテムです。

 

これです、見てください。

 

IMG_0352

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.09.04

一番の供養

そんな彼女に対して、私ができることは・・・

『彼女の死』を受け入れることではないか、と思いました。

『彼女の人生』から学ぶことも、そうでしょう。

 

悲しむことは、いとも簡単なことです。

でも『死を受け入れる』ことは、簡単ではありません。

けれどこれが、一番の供養になると

その時思ったのです。

 

交わした会話の一つ一つをフィードバックしながら、

ゆっくりと噛みしめるように『受け入れ』を始めました。

 

瑞々しい”かおり”を頬張りながら、

共に過ごした人生を振り返ったのです。

振り返っているうちに、あることに気付きました。

 

『彼女の受け入れをすることは、

自分を受け入れる事だった』

最高の供養ができたことに、感謝です。

 

IMG_0164

生も死も、ひとつの輪の中に!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.09.03

甘く、ちょっぴり切ない想い出(かおり)

IMG_0360

「あ、売ってるんだ!」

東急百貨店青果売り場で見つけました。

千葉県が誇る『かおり』という梨を

 

青果売り場のお兄さんが

「コレいけますよ。

美味しいからすぐに売れちゃうんです。

後2パックのみです。」

 

千葉に住んでいた旧友が送ってくれたのは、

何年前のことだったかな~?

『千葉で気に入っているもの、

ディズニーランドと、この『かおり』という梨。

亮くんと食べてください』

 

箱を開けて、まあビックリ。

おっぱいのように大きな梨が2つ入っていました。

そして、世の中にこんなに美味しい梨があったんだ!

と思ったことを思い出します。

 

そんな彼女と出会ったのも、

音楽教室の講師会、名前がなんと『かおり会』でした。

お互いに大学の3、4年生だったのです。

38年前のことです。

 

そして1年前、彼女のお嬢さまから連絡がありました。

「母に会いに来てやってください。母はもうすぐ旅立ちます」

なにっ?  いざ、千葉へ。

それが1年前の今日、9月2日でした。

 

再会は、嬉しいやら悲しいやら・・・

想い出と共に複雑な感情が交錯しました。

 

会うまでは、私の顔を見ると

もうちょっと生きてみようかな~

って思わないかしら?

 

でも顔を見るなり、

そんな甘い考えは消えました。

そうなんだ、もう決めているんだ、

お空に帰ることを

 

かおりちゃん、かおり会・・・

想い出に包まれながら、

甘く切ない梨を頬張り、供養に換えたいと思います。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.09.02

腕、肩、背中締めヨガ

8月末は『お尻から脚の疲れ』をとるテーマに

お話しましたが、

9月は腕から肩、そして背中、いきたいと思います。

 

まずは『イグアナのポーズ』やってみましょう。

でもですね、これは最初にやらないでください。

いきなり、はきついので

腰を廻したり、股関節を充分にほぐしたりして

からがいいと思います。

股関節をぐるっと廻すだけでもいいかと。

 

『コブラのポーズ』よりがっつく手の位置を開き

左右の手の距離を離します。

肘が上を向く位置でキープしてください。

脚はそのまま動かさなくても結構です。

余裕があれば、どちらかのを脚を外に突き出して

曲げてみましょう。

 

5秒キープして吐きながらポーズを戻し、

うつぶせ寝の状態に。

休憩をいれてもう一度、吸いながら頭、

後頭部を後ろに引っ張るようにして

上体を上げていきます。

肩は詰めないように。

 

二の腕効きまくり!

背中は締まるし、脇も。逆三角形のカラダを作ります。

 

〈雨降り時のご連絡〉

明日から雨模様の様子。

強い雨の場合はヨガの看板等を出さない場合があります。

でもちゃんと営業していますのでどうぞ!

 

IMG_0151

後ろ向きで失礼します

脚は余裕があれば、開いてみますが

どちらでも。

開くことで、股関節の自由度が増します。

腰とお尻は力を抜くように。

イグアナが歩いているようなポーズです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.09.01

//トラッキングコード取得