Fの日記

依存の最終段階

嫌われているタロットカード、3本の指に入る?

というデビル(悪魔)』のお勉強、

続きをしましょうね。

 

このカード、手っ取り早く言うと、

『依存』のカードです。

ですが、ここが大切!

『依存』の意が含まれるカードは何枚かあります。

ラバーズ(大アルカナ)もそうですし、

カップⅢ、ペンタⅥなども依存を表しています。

 

それらのカードとの違いは・・・

最終的な依存を手放す、そんな意味合いが

深く織り込まれているのです。デビルに。

 

先の3枚は・・・

学び半ばの依存、という感じでしょう。

 

えー?

どーいうこと?

 

『病気』で例えると・・・

10が完治の地点だとすると、

9まで治してきたとします。

でも、その9で

ドーッと膿がでるのです。

それで綺麗に治るのですが、

 

怖くて仕方ありません。

えー、病気を手放すの?

いいよ、いいよ、戻っちゃお!

 

この9番目の過程を、なかなか超えられません。

頭では”治りたい”のです。

でもお腹は”治りたくない”

の2つが引っ張り合って、結局元に戻るのです。

 

でももしかして・・・

『病気』自体が立派な ”幻想”かもしれません。

それに気付いた時、『癒し』が始まるのです。

 

どうでしょう、最終段階の『依存』を

手放してみるのは?

 

『デビル』に対応しているボトルです。

『新しい時代の癒し』

綺麗でしょ?

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
//トラッキングコード取得