Fの日記

家を開放・心も解放・・・そしてクリスマスへ

こんにちはー。

土・日のブログはおっちゃんに任せて、私は来週の『真心ガレージ』の用意に励んでおりました。

紙袋7コ分ありました。

近藤麻理恵さんではないですが、ひとつひとつの物を丁寧に点検。

私がもう一度身につけたイメージをし、幸福かどうか。

またはその物が、もっと使ってくれるであろう他の人のもとに 行きたがっているかどうか。

結構楽しい作業でした。

 

前までは リサイクルショップへ行き、ドーンと袋ごと置いてくるだけでしたが、

『人とのつながり・ご縁を大切に』 をモットーとする私としましては、

物を媒体として、つながりを感じるいいチャンスではないかと思ったのです。

 

また 家を開放することで、心も解放される感じもします。

逆もまた真でしょう。心が解放に向かっているから思いついたのかもしれません。

 

迷っている時は、手にとってその物に訊いてみるのが効果大でした。

まだ足を通していないトゥシューズ。

とっても気に入って買ったのに 履かずに終わるのは勿体無い。

でも 置いておく方が勿体無いなと思い、どなたかに差し上げる決心がつきました。

 

このシューズを通して人と繋がれたら、ご縁を作ったシューズはもっと喜ぶだろうし。

お金に換えられないものの大切さって ありますよね。

 

物と自分の関係を 再構築できた気がします。

全て抱えて持ち続けることの方が、大事にしているようで そうではなかったのだと

気づかされた2日間でした。

 

そして おうちの中をクリスマス仕様に。

飾り棚から取り出し運んでいると、パンシェも大忙し。

「なになに、私の好きなものある? 見せて 見せて~」 とつきまとっていました。

まずは、トイレをどうぞ!

 

DSC00242.jpg

 

 

 

 

 

//トラッキングコード取得