Fの日記

タロット教室で占いは教えません!

『タロット教室』・・・

受けるほうなのか、習うほうなのか解からない、

というご意見を戴きました。

そら そうだ! と納得。

 

なのでメニュー表示を

『タロット哲学』から『タロット教室』に変更。

そして”タロットの哲学を学びます”

という案内を付け加えました。

 

受けたい方は、『カウンセリング』の中の

”タロット療法”を希望してください

これも、とってもいいと思います。

 

でもタロット教室受講の方は

バンバンと受けることができます。

希望をすれば、毎回ふーみんの

タロットリーディングを。

何せ”自分が解らなければ、人は見れませんから”

自分理解の欲は、私にぶつけていただいて結構です。

大いに。

 

それに加えて、もう一度いいますが・・・

ここで習うのは『占い』ではありません。

時代とともに変遷を重ね、最も刺激的な『占い』に

取って代わっただけで、

『スタジオ エフノ』で扱っている内容は

原初の心理学・哲学の分野です。

 

どこが違うのかって?

表面に起こってくるこを予測する、

そこに焦点が当たるのが『占い』

であるのに対して、『タロット哲学』は・・・

”表面下で動いているものに焦点を当てます。

 

抑圧されてきた感情、忘れ去られた過去などに。

そこが邪魔して”思う仕事が巡ってこなかったり”

”最高のパートナー”に出会わなかったり。

 

最も『最高のパートナー』に仕立てるのは

自分自身ですけれどね。究極は。

 

まっ、表面に現れてこない気持ちを見つめる

ひとつのツールだと思ってください。

だから主体は『ワタシ』なのです。

『相手』ではなく

 

そのためには、カードに隠された深い意味を

学ぶ必要があります。

深層部のワタシを知るに値する読み方を

お教えします。

 

どの本にも書かれていない、あなた独自の方向性や

知恵と出会えることでしょう。

 

沢山書きましたが、『占い教室』ではない

という認識をお持ちください。

よろしくお願いします。

IMG_0256

タロットは全てのカードが、

オーラソーマのボトルに対応しています。

色の勉強もともにしてください。

 

人は心の内に、全色を持ち合わせているのです

だから基本的に、合わない色はないのですよ。

今、受け入れられない・・・

に過ぎないだけ。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.07.20

ほぐしは、カウンセリングで!

いやー、昨日は参りました。

色々の変更箇所があり、

ホームページを修正していましたら・・・

頭が熱ーくなってきて、フラフラしてきて、

どうやら軽い熱中症。

 

珍しく頭を使ったものだから。

はい、その使った頭をご披露しましょう。

 

『ほぐし』をしていて気づいたこと。

ただの『ほぐし』と、

『カウンセリングとのセットほぐし』に

明らかに差があるなと。

 

『ほぐし』のみの場合は、気持ち良かったのみ。

その前後でカウンセリングが入る場合、

何らかの気付きが起こるのです。

そして変化も

 

ところが『ほぐし』のみの場合はというと、

ああ、これで何とか逃げ切れる、

また前の居場所で何とか我慢しよ、止まり。

 

『スタジオFの』でのほぐしを受けた人たちの

ご意見がとても参考になりました。

家に帰ってから”気付くこと”もあるようです。

何れにしても『タロット』または『カウンセリング』

とのコンビネーションのようで

 

はたとふーみん考えた。

うん、『整体』でも

単なる『リラクゼーション』でもなく、

あくまでも”自分で気付く”が主体の

『カラダとココロのほぐし』なのだから、

やはりここは、カウンセリングの範疇にいれなきゃ、

ではないのかと

 

思うとすぐに実行するふーみんだから、

昨日、頭を駆使して実行に及んだ訳ですよ。

 

メニュというページを見てください。

『ヨガ教室』と『カウンセリング』と『タロット教室』

の3つのカテゴリーがあります。

 

その中の『身体にまつわる悩みとヒーリング』

これが『ほぐし』の進化型です

なので『カウンセリング』で申込み、

チケットを使う場合なら、何枚使いたいかを伝えてください。

因みにハーフカウンセリングなら、5枚使用40分です。

もっと少なくでもいいです。

但しそれはチケットの場合のみ。

 

カラダのどの箇所が気になるかをお聴きし、

改善に向かうべくお話を進めてみたいと思います。

そして必要(ご希望)とあらば、

おカラダほぐしをしたいと思います。

 

ほぐしてもらうのではなく、

『自分でほぐす』が原則です。

自分で自分の心をほぐすぞ、というところに

”良さ”があるのです。

そこのところを、ご理解くだされば

とっても嬉しいです。

 

『ワタシがワタシをいたわり、気遣い、癒さねば

ならないのではないでしょうか?』

それが、カラダが一番喜ぶこと!

 

IMG_0255

ほう、ほう!

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.07.19

顔ヨガ効果

2カ月ほど前に、とても力を入れて取り組んでいた

『顔ヨガ』効果が表れてきました。

すぐには結果がでないことは解っていました。

が、思いのほか早く現れたように思われます。

 

主に集中して取り組んでいたのは、

『まぶたの筋肉』でした。

この間、ぐーっと目の上を押さえた時の弾力に違いが。

ふにゃっとしていない、ハリのある感覚を覚えました。

 

そもそも『まぶた筋』を鍛えたいなと思ったのも、

自分の目を見て眠たそうな目だなー

と感じる日が多かったからです。

でも最近”まぶたのたるみ”をあまり感じなくなっている、

いい感じ。

効果ありです。

 

7月に入ってからは、2の腕・背中に力を入れてましたので、

『顔ヨガ』をさぼっていましたが、

さぼらず続けてみようと思いました。

 

『継続は力なり!』

ヨガに来れない日が続く時は、

家でやってみてください。

何せ『筋肉は5日で元に戻る』のですから。

コツコツと地道な努力が実を結ぶ、です。

 

IMG_0078

うわー、おメメパッチリ。

パンちゃん美人猫さんやわ~

顔ヨガ、続けてね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.07.16

椅子ヨガ、ナイスです

今日は初めての試み、土曜の昼ヨガでした。

また最高に暑い13時。

なので、楽チン『椅子ヨガ』でいきました。

 

この椅子を使ったヨガは時折チャレンジするのですが、

まず態勢が楽であること。

必ずどこの家庭にもあること。

背もたれがあるものなら、バーの代わりをすること。

と、結構ストレッチには有効なのです。

 

また寝て足を乗せても、いくつかのポーズができます。

椅子にお腹を付けて寝ると、背筋を鍛えられます。

あと、浅く座り片手で後ろ向きに背もたれを持ちます。

そして肘のばしたまま、肩甲骨をゆっくりと回転するように

肩を動かしてみてください

肩こりさんに、コレお勧め!

ナイス『椅子ヨガ』の午後でした。

 

連休最後の16日(月)は、ヨガ有りになりました。

脚のむくみ、腎臓の疲れ、呼吸の調節などを

主に取り入れています。

夏の疲れをヨガで吹き飛ばし、

爽やかな笑顔で乗り切れるようにいたしましょう。

 

7月、8月はまとまったお休みにせず、

ちょこちょこ休みを入れてみます。

休みながら、ゆっくり前進!

のコースでいきましょ。

よろしく!

 

IMG_0082

ビシッ!

ルル坊、いつになく凛々しいなぁ。

お見合い写真みたい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.07.14

退行催眠と夢

今より昔に退行していく催眠のことを

『退行催眠』と言います。

少し前から、幼少期まで色々ありです。

過去世を見るための『過去世療法』もその1つです。

 

私は、必要あらば時折『退行催眠』を使います。

が、今世のみでよほどの希望のない限り

『過去世』は扱いません。

 

『箱庭療法』でひとつの物語を表現する時、

『潜在意識』(無意識)の部屋にある

創造性を使います。

 

『夢』も同じ要領で制作されます。

そして『過去世療法』で見る過去世も同じく、

潜在意識の中からピックアップしてきた

創造的イメージで作られます。

 

その表現方法も自分の中の1部であり、

それなりの意味はあるでしょう。

ですが、夢と同じく”自分が制作者”であり

実際にそんな過去世を生きたという事実とは

限りません。

自分の中に持っている『観念的な事実』

ではあるでしょうけれど。

 

私なりの(多少斬新な)表現をさせて戴くとすれば・・・

『合点のいかない自分の行動を、

正当化するために作り上げた物語』

と見えるのです。

 

ま、それは置いたとしても、

納得できればよいではないか。

はい、それもひとつの意見です。

 

しかし・・・

『今を生きる』ということに

焦点をおきたい私としては、

『今生にその端を発する方が現実的』

ではないかと、つい思ってしまいます。

 

答えは必ずや、”今世の中”にあり!

それが私の考えです。

少し前の過去、つまり『幼少期』の中に。

時代を越えて『過去世』に回避せず、

勇気を持って、『今生でのワタシ』を

見つめてみましょう。

大きな”合点” 得るハズです。

 

IMG_0247

パンちゃん、もうお爪研がないの?

お気に入りのスイカのマットで。

もう疲れたわ~

一生懸命に研いでたもんな!

お陰でマット、ボロボロや。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
STUDIO Fの
http://www.studio-fno925.com
住所:神奈川県横浜市青葉区
美しが丘西3-10-30
TEL : 080-2404-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018.07.14

//トラッキングコード取得